このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
現在地
ここから本文です

リコー センターサービス
メールアドレス設定方法(Outlook2016後期版) ※プロバイダメールの場合

メールソフトOutlook2016(後期版)の新規アカウント設定方法は以下手順となります。

No_001.jpg Outlook2016を起動し、画面左上の[ファイル]をクリックします。
pop_chenge_ol2016_1.jpg

No_002.jpg [アカウント情報]の画面が表示されます。
[アカウント設定]→[アカウント設定(A)]をクリックします。
pop_chenge_ol2016_2.jpg

No_003.JPG [電子メール]タブにて、[新規(N)]をクリックします。
pop_chenge_ol2016_3.jpg

No_004.JPG メールアドレスを入力した後、[詳細オプション]内の[自分で自分のアカウントを手動で設定]にチェックを入れて、
[接続]をクリックします。
ol2016_new_p_1.png

No_005.JPG [POP](※推奨)を選択します。
ol2016_new_2.png

No_006.jpg 設定内容を入力し、画面下の[次へ]をクリックします。
ol2016_new_p_2.png

設定内容
 
<受信メール>
サーバー pop.ドメイン名
ポート 110
このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要 チェックなし
セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要 チェックなし

 
<送信メール>
サーバー smtp.ドメイン名
ポート 587
暗号化方法 なし
セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要 チェックなし

<メッセージ配信>
既存のデータファイルを使用 チェックなし

No_007.JPG パスワード入力画面が表示されるので、アカウントに対するパスワードを入力し[接続]をクリックします。
ol2016_new_p_3.png

No_008.jpg [ユーザー名]と[パスワード]を求められる画面が表示されるので
[ユーザー名]を、設定情報確認書に記載の[アカウント名]に変更します。
ol2016_new_p_error.png

No_009.jpg 最後に[OK]をクリックし設定完了となります。
ol2016_new_p_4.png

No_010.jpg [アカウント設定]の画面にもどりますので、 追加したアカウントを選択し、[変更]をクリックします。
ol2016_new_change_p_1.png

No_011.jpg [自分の名前]を任意の名前に変更します。(受信者側に表示される送信者名)
[メールの設定]を任意の設定に変更し、[次へ]をクリックします。
ol2016_new_change_p_2.png

補足
 
□サーバにメッセージのコピーを残すについて
受信したメールのコピーをサーバに保存することができる設定です。
主に、複数のパソコン(会社のパソコンと自宅のパソコン、 パソコンとスマートフォン、等を含む)で
同じメールアドレスを共有する場合にチェックが必要となります。
 
□サーバから削除する 〇日後
指定した日数を経過すると、サーバに残っていた受信メールのコピーが削除されます。
□[削除済みアイテム]から削除されたら、サーバから削除
受信トレイのメールを削除⇒削除済みアイテムに移動後、完全に削除すると
サーバ内のコピーも削除されます。

No_012.jpg 最後に[完了]をクリックし設定完了となります。
ol2016newpopdel_5.jpg