このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
現在地
ここから本文です

リコー センターサービス

2021年12月08日

【重要】プロバイダドメインメールサービス TLS1.0/TLS1.1無効化のお知らせ

その他お知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、弊社メールサービスにおいて、セキュリティ強化の一環として、TLS1.0/1.1の無効化を実施させていただくこととなりました。
順次対象を拡大していきますが、この度プロバイダドメインメールサービスのWebインターフェースについて、
TLS1.0/TLS1.1を無効化させていただきます。
※TLS1.0/TLS1.1については、脆弱性があることが判明しております。

1.無効化日時
2021年12月14日(火) 13:00~17:00
※作業によるサービス断は発生しません。

2.対象のお客様
下記サービスをご契約されているお客様
 ・ITKeeperシリーズ インターネット接続・ホスティングサービス エコノミークラスII
 ・ITKeeperシリーズ NETBegin BBパック ルータモデル
 ・ITKeeperシリーズ NETBegin BBパック セキュリティモデル
 ・ITKeeperシリーズ NETBegin BBパック Select
 ・Technowave エコノミークラス(RTSメニュー)

3.お客様への影響
対象サービスにおいて、古いOS/Webブラウザを利用している場合や、TLS1.2が無効に設定されている場合、
環境設定メニューへの接続が行えなくなります。
(環境設定メニューより、パスワード変更、蓄積メールの削除、転送設定、スパム対策オプションが設定可能可能です。)

4.確認・対処方法
対応するシステムにて、TLS1.2が有効になっていることをご確認のうえ環境設定メニューをご利用ください。
例:Internet Explorerの場合
  ツール > インターネットオプションを選択します。
  インターネットオプションにて、「詳細設定」タブを選択します。
  「セキュリティ」のカテゴリより「TLS1.2の使用」をチェックし、「OK」をクリックします。
  Internet Explorerを終了し、端末を再起動します。

5.[参考]TLSに対応しているOSやWebブラウザ
・OS
 Windows 7以降
 Android 4.4 以降

・ブラウザ(パソコン)
 Internet Explorer 8 以降
 Google Chrome30 以降
 Mozilla Firefox 27 以降
 Safari 7 以降

本件に関するお問い合わせ先
リコープロバイダ担当(TEL:0120-060-799/受付時間 : 月~土 9:00~21:00)
※日曜・祝日は受付のみ